医療法人社団 翔仁会が運営する北海道北広島市の病院・輪厚三愛病院のホームページです

文字
サイズ

文字サイズ[大] 文字サイズ[中] 文字サイズ[小]

リハビリテーション科

摂食嚥下訓練

食事を何らかの理由で摂取することが難しい、または時間がかかる、むせるなど食べにくくなる症状。

検査

当院ではVF検査(X線嚥下造影検査)、VE検査(嚥下内視鏡検査)を行っています。

  • 嚥下造影検査は、レントゲンをあてながら、視鏡検査は鼻から内視鏡カメラを挿入し、バリウムの入った模擬食品を実際に口から食べ、嚥下機能に異常がないか調べる検査です。

  • 嚥下内視鏡検査は鼻から内視鏡カメラを挿入し、咀嚼された食品や唾液の流れから嚥下機能を調べる検査です。

リハビリテーション

食事をしたくないという認知面の低下が問題になる方には、環境設定や食事を含めたコミュニケーションを行い意欲の向上を促していきます。口腔・咽頭・食道等の可動制限、筋力低下等が問題になる方には、可動練習・筋力向上練習を行ない少量からでも食材の摂取を促していきます。

食事形態

当院では毎月会議を開催し管理栄養士と協力の下さまざまな嚥下食を提供しています。

  • 一般食

  • 一口大

  • キザミ食

  • キザミトロミ食

  • ミキサー食

  • ゼリー食

SPサイト